アルバイトで自己実現!飲食店で働く時に注意したいこと

飲食店でアルバイトする時に注意したいこと

飲食店のアルバイト

カフェやレストランや居酒屋など飲食店でのアルバイトは、コミュニケーション能力を発揮したり、自分を成長させたり。 年齢性別、育った地域や環境も違い、学生の交友関係より浅く広くのお付き合いです。 「仕事」という同じ方向に向かう点で、共通の意識を持つことの楽しさや一体感があります。

スキルアップ

接客や調理におけるスキルアップを狙うのも、認められる楽しさや、やりがいもあって、アルバイトが楽しくなるかもしれません。 飲食店のアルバイトは接客や店舗管理のノウハウがわかると、食べることでの生活直結の身近さで勉強になることや、募集事項に限られた世代の集まりで部活のように仲間ができる可能性もあります。

人間関係の始まり

新しい環境での人間関係には、特段の不安を抱えることもあるかもしれません。 仕事場の仲間と仲良くなれば、別の世界の楽しみ方も知ることになるかもしれません。 アルバイトを始める動機は様々でも、前向きに仲間が増えると思って、郷に入っては郷に従えの思いきりで、まずは仕事を覚えることに専念しましょう。

アルバイトの気軽さ

レストランや居酒屋など様々な料理や飲み物を扱う飲食店でアルバイトとして働く場合は、「ホールスタッフ」と「厨房スタッフ」があります。
ホールスタッフは、店舗入口から席までの案内をしたり、店舗内ホールの席でお客様に注文を聞いて、店舗によってはその注文をハンディタイプの端末で入力して厨房に伝達したり、他の手段で伝えます。
お客様自身が自分の注文を端末に入力するスタイルもあります。
あとは、それぞれのテーブルに注文の料理や飲み物を運び、追加注文を聞いて追加注文を運びます。
お客様の食事が終了されたサインに従って、お会計をして、レジかその席で精算会計処理をします。
店舗にかかる電話対応をしたり、簡単なコンピュータ操作をすることもあるかもしれません。
手が空けば厨房に入って、他の担当の手伝いもしたり、皿洗い、調理の下ごしらえなどの軽作業をさせてもらえるかもしれません。
最初は見習いと同じで、先輩の指導に沿ってお客様の接客業務がメインです。
厨房スタッフは、店舗の厨房に入って、ドリンクを作ったり、調理の下ごしらえの手伝いから始まります。
調理の初歩的な下ごしらえなどから順を追って、調理や洗い物や、食材の在庫を見て注文や納品の管理をします。
大手チェーン店などマニュアル化されている店舗は、分担されて揚げ物専門や焼き物専門やドリンク専門と別れて、注文を受けたメニューどおりに作業します。
店舗内の職種の給与差のない店舗が多く、経験に合わせて昇給する可能性があります。
最初のアルバイト選びには、自分に向いた作業のできる仕事の種類を選ぶことが大切です。
場合によっては店舗の都合で、採用されてから自分の思い通りの職種にならない場合もあります。