>

アルバイトで自己実現!飲食店で働く時に注意したいこと

人間関係の始まり

目一杯働く

未知の世界の、アルバイト先のことばかりを心配していると、不安は募るばかりです。
自分本位に考えずに、店舗の店長や先輩に聞くことも大切です。
会社全員が、初めてアルバイトや仕事をすることを経験してきているので、はじめはその時々に確認したり相談したりする方が良さそうです。
基本的に給与として、アルバイト労働の対価をもらう契約をしているので、学生気分は抜きにして立派な大人として規則を守り、就業時間に遅刻することがないよう予定を立てる練習も必要です。
仕事内容やトラブルなどの対処方法がわからない時は、すぐ確認して仕事の手を止めないことです。
アルバイト中は、オーナーに雇われている意識を持ち、時間を無駄にしない姿勢が、真面目に仕事に取り組み勤勉な人として認識され易いです。

ミスをなくす

アルバイトで、仕事のミスをすることが怖いとか、不安に感じている人が多いと思います。
それは普通の感覚で、責任感の強いことの裏返しでもあります。
一連の仕事の流れを早く習得できるように、言われたとおりに順を追って作業することを徹底するほかはありません。
最近は職場環境にも繊細に対応する風潮でもありますが、個人店では職人気質な雰囲気でまだ期待できないかもしれません。
叱られたり注意されても、品質管理や安全管理についてであれば自分も反省の必要もあります。
前向きに、次はミスしないと心に決めて、精進しましょう。
直接お客様に接する業務なので、細心の注意が必要で、アルバイトだからとミスが許されるものではありません。
食品を扱うので、お客様が安全に食べて美味しく喜んでいただけることに注力し、店舗の従業員に必要なレベルを保たなくてはいけません。


この記事をシェアする